プレゼント+
お問い合わせリンクプレゼント+

結婚記念のプレゼント、毎年悩む人もいるのではないでしょうか。数十年経つとプレゼントも同じものの繰り返しになってきたり・・・。
そんなときは結婚記念日の名称に頼ってみましょう!
特に結婚30周年目の真珠は、女性からの人気も高いため、夫婦で贈りあうのにもおススメの一品です。

【結婚記念のプレゼントに】真珠で結婚30周年を祝う!

  • 結婚記念は贈り物を忘れずに

    結婚記念は贈り物を忘れずに

    結婚の節目となる1周年には名称がつけられているようです。贈り物も名称にちなんだ物だと、1周年ということを意識できるかも。

  • 装飾品がおススメ!

    装飾品がおススメ!

    結婚記念の名称には、宝石などの貴金属がつけられていることも。夫婦で喜べる記念に装飾品をプレゼントするのも◎!

  • 真珠は相手の好み重視!

    真珠は相手の好み重視!

    結婚記念には真珠婚というものが・・・。真珠の装飾品をプレゼントするのがおススメですが、種類があるので好みの把握も必要に。

 
 

真珠には天然・養殖・人造の3種類あるそうです。
天然は手を加えずに真珠が形成されたもの、養殖は核を貝に仕込んで人工的に真珠を形成させたもの、人造は人工真珠・イミテーションを言うそうです。
現在の主流となっている養殖真珠も昔ほどの生産量はないらしく、最近では中国などの国外産が伸びてきているそうです。


【プレゼントに贈りたい真珠の種類】

結婚記念日は、毎年お祝いしている夫婦も多いと思います。
結婚記念には1年という節目以外にも、金婚式・銀婚式というような式名称がつけられており、名称に付いている装飾品や加工品を贈るという意味も含まれているそうです。

毎年やってくる結婚記念日のプレゼントがマンネリ気味だと悩んだら、名称どおりのプレゼントもおススメです!
結婚15年目までは、1年ごとに式名称があり、それ以降は5年ごとにつけられているようです。
結婚30周年目には、30年間支えあってきた夫婦がお互いに感謝する日として真珠婚式があります。
真珠婚式のプレゼントには、健康と富を表す海の宝石・真珠を用いたジュエリーをプレゼントすると喜ばれるそうです。

そもそも真珠はパールとも呼ばれ、6月の誕生石としても知られている宝石の一つです。“人魚の涙”“月のしずく”などとも呼ばれているそうです。
真珠を体内でつくりだす貝類には外套膜と呼ばれる部分があるとされています。その外套膜が分泌する真珠質により真珠層が作り出され、真珠を形成するとされています。
真珠は昔、天然では探し出すのが難しく、ルビーやダイヤモンドよりも高価な宝石とされてきたそうですが、現在では養殖した真珠が主流となり、価格も落ち着いたそうです。

それでも効果なジュエリーとして知られる真珠です。とても安いとはいえませんが、30年という長い年月の感謝を込めて、そしてこれからも真珠のように美しい時間を過せるようにという願いも込めて、真珠をプレゼントしてみると良いのではないでしょうか。
真珠は採れる貝によって種類が違い、それぞれ色や形が異なるので、贈る相手の好みによって真珠の種類を選んでおくと良いと思います。

最高品質の真珠!花珠真珠

真珠の品質は、傷・巻き・形などの見た目に強く影響されますが、花珠はどの項目も全てクリアした最高品質の真珠を呼びます。 真珠の中で最高ランクに位置する真珠なんだそうです。
また、採取されることが少ないため、とても価値の高い真珠と言われています。

メジャーどころのあこや真珠

始めに真珠は養殖が主流となっていると紹介しましたが、国内で養殖されている真珠の多くがあこや真珠と言われています。 養殖場所は、三重や大分、長崎などの海がキレイな地域です。

あこや真珠は別名・和珠とも呼ばれ、大きさは約2〜10mmのものが多いようです。
あこや真珠は、他の真珠と比べると丸くなる確率が高いとされ、ゴールドやホワイトピンク、クリーム系などの色があるそうです。

真珠はネックレスを始め、ペンダントやリングなどの装飾品に加工されます。
価格は大きさによって変動がありますが、特価で購入できる通販だと安値で購入できるところもあるようです。あこや真珠のジュエリーを紹介しているサイトがありましたので、一度覗いてみてくださいね!

結婚30周年のプレゼントには真珠を贈ろう!

真珠婚式は、感謝の気持ちを真珠に込めて祝いましょう。 sinju.jp

結婚30周年目は真珠婚式と言うそうです。
これまでのお互いへの感謝と、これからも一緒に頑張っていこうという意味を込めて、健康と富を表す海のジュエリー・真珠を贈るのと良いそうです!

黒真珠は黒蝶貝が一般的

黒真珠というのは黒色をした真珠すべてを意味しているのですが、あこや真珠などを黒く染色した物も黒真珠に分類されるそうです。

黒真珠でも有名なのは、南洋に生息する黒蝶貝から採取される黒蝶真珠だそうです。黒蝶真珠は、タヒチ産の黒蝶貝が有名でもあるため、タヒチ真珠とも呼ばれているようです。
真珠を形成する貝の中でも活発であるため、自然と歪んでしまったバロックタイプも見られるようです。
大きさは10mm前後で、カラーは黒・グレー・イエロー・緑などが多いようです。

輸入が多い淡水真珠、国内では琵琶湖産も!

イケチョウ貝という二枚貝の中で形成される真珠を言うそうです。
イケチョウ貝は河川などの淡水を好み、国内では琵琶湖などでも養殖されているようです。しかし、殆どは国外で養殖されたものの輸入品とも言われています。
淡水真珠は楕円形をしている粒が多いようですが、近年の養殖技術の進歩により、球状でサイズも大きいものも見られるようです。
色は、ピンクやパープル、ホワイト、オレンジなどがあるそうです。

暖かい海域で採れるマベ真珠

熱帯や亜熱帯の温暖な海域に生息するマベ貝から採取される真珠を言うそうです。半円真珠とも呼ばれ、国内でも奄美大島より南の海域に生息していると言われています。
マベ真珠は半球状のものが多いとされていますが、最近では球状の物も見られるようになってきたそうです。大きさは約10〜15mmほどで、カラーはシャンパンクリームやシルバーなどが一般的のようです。



プレゼント
<a href="http://presentps.net/" target="_blank"><img src="http://presentps.net/img/banner.gif" alt="プレゼント" width="88" height="31" border="0"></a>

プレゼント+

<a href="http://presentps.net/" target="_blank">プレゼント+</a>

広告掲載