プレゼント+
お問い合わせリンクプレゼント+

誕生日や母の日、父の日など、お祝いごとには何をプレゼントしていますか?もちろん定番と言えばフラワーギフトではないでしょうか。私たちが祝う行事には必ずそれに合った花があって、場を華やかにしてくれます。
大切な人へ贈るフラワーギフトのご参考にどうぞ。

【フラワーギフト】女性に喜ばれる贈り物

  • メッセージを添えたフラワーギフト

    メッセージを添えたフラワーギフト

    誕生日や結婚式、母の日など様々な記念日のプレゼントに最適なのがフラワーギフトですが、直筆のメッセージを一言でも添えるだけで嬉しさは倍増します。

  • 母の日には花束を

    母の日には花束を

    母の日は赤いカーネーションを送るのが一般的だが、感謝の気持ちが大切でカーネーションと決めなくても、生花が苦手な人にはプリザーブドフラワーなどもある。

  • 男性も花を貰うと嬉しい

    男性も花を貰うと嬉しい

    母の日よりも蔑ろにされがちな父の日に、日頃の感謝の気持ちを込めて花を送ってみては?物以上にねぎらいの気持ちが大事。黄色い花を贈るのが一般的。

 
 

プリザーブドフラワーやバルーンアートによるアレンジメントなど、フラワーギフトのアレンジは数が多いです。
また、お祝いによって選択する花が異なるため、その記念に合ったフラワーギフトを選択するのがベストだと思います。

記念日とそれに合った花やアレンジをご紹介します。


花はお祝いごとや記念日に喜ばれる最高のギフト

お祝いごとには、必ず花が飾られていたりしませんでしたか?人生の節目や記念日、行事などには花という存在があり、私たちを祝ってきてくれました。
日本では花束が贈られるお祝いごとの数が多く、誕生日や結婚、母の日や父の日など、贈られる花は行事においてなど様々ですが、花は贈り物に最適ということが分かるのではないでしょうか。

フラワーギフトは大切な人への誕生祝にもピッタリ!

誕生祝いは、子どもが満1歳になったことを祝う行事です。
日本では、近年まで誕生日を祝う習慣がなく、このような習慣があったのは欧米だったと言われています。
しかし、日本でも赤ちゃんの1歳の誕生日だけは盛大に祝われていたんだそうです。

誕生日に贈るプレゼントと言えば、やはり相手が欲しがっていたものや、定番といわれるもの、実用性があるものなどですよね。子どもの頃は欲しいものがもらえれば嬉しいと思っていましたが、大人になるにつれて実用品やたった一本の花でさえも嬉しいなんてこともありますよね。

もし誕生日祝いを相手が女性だった場合、花束なんていかがでしょう。
誕生祝いに贈る花というのは特に決められたものはなく、自分や相手の好みによって決めていいようです。
メッセージカードが付いたフラワーギフトや、バルーンアートが施されているフラワーアレンジメントなど、女性に喜ばれること間違いなしです!

結婚祝いは幸せを込めた花束を

これから挙式という家族や友人たちへ、門出を祝う気持ちを込めて贈るものです。
昔から婚約・結納・結婚という儀式が厳粛に行われてきた結婚ですが、近年は結婚式などの形式に変化が見られるようになりました。しかし、式の基盤は昔と変わらずに受け継がれていると言われています。

門出を祝う結婚式のお祝いといえばご祝儀か、プレゼントのどちらかですよね。
プレゼントの場合、インテリア用品を始め、親しい仲であれば実用品などが挙げられますが、最近結婚祝いの贈り物で広く知られてきたものにフラワーギフトがあります。
結婚祝いの場合、ピンクや白、赤を基調としたバラ、胡蝶蘭などのアレンジメントが多いようです。
さらに、保存を目的に加工されたプリザーブドフラワーなら長期保存が可能ですし、ブーケ風にアレンジされたものなどおススメです。

母の日は、日頃の感謝を花束に添えて

母の日にまつわる話は諸々あるとされていますが、始まりはアメリカと言われています。
とても母親を慕っていた女性が母親を偲び、教会で白いカーネーションを配ったそうです。その日が5月の第2日曜日であり、アメリカで「母の日」が制定、アメリカの各教会に広まっていきました。

また、母の日に贈るカーネーションにも違いがあったと言われています。
母親が生きている場合には赤色のカーネーションを贈り、亡くなっている場合には白色カーネーションを胸元に飾るというようなものだったそうです。しかし、これらは差別に繋がる問題になるとして、その後母の日は赤いカーネーションを母に贈るというように統一されたそうです。 母の日の多くは5月の第2日曜日となっていますが、国によっては第1日曜や5月最後の日曜というように異なっています。

さて、今年も母の日が近づいてきましたね。
フラワーアレンジメントやフラワーギフトを中心としたサイトでは、母の日特集を組んでいるのが見られるようにもなってきました。

ここで母の日特集を組んでいる、可愛いフラワーアレンジのサイトを一つご紹介したいと思います。
日頃からお世話になっているお母さんに感謝の気持ちを伝えるために、今年は綺麗にアレンジされた花束を贈ってみてはいかがでしょう?

最近は、アレンジメントされたものやプリザーブドフラワー、鉢植え、花束など、見ているだけで楽しくて可愛いアレンジされた花たちが沢山あります。
また、このサイトではプリザーブドフラワーアレンジメントだけではなく、キャンドルアレンジメントなどもあり、きっと母の日の参考になることと思います。

大切な方への大切なプレゼントには花束を

フラワーギフト、プリザーブドフラワーのwith F(ウィズエフ)

お祝いといえば、「フラワーギフト」といっても間違いではないのではないでしょうか。
女性に喜ばれるフラワーアレンジメントがメッセージ・ギフトラッピング無料で超お得!記念日やプレゼントの参考にしてみてはいかがでしょう?

頑張るお父さんに、父の日はフラワーギフトでありがとうを

母の日のカーネーションのイメージに圧されて、父の日である6月の第3日曜日が薄れがちですが、こちらの「父の日」もアメリカが始まりとされています。

父親に大切に育てられた一人の女性が、既に制定されていた母の日に対し、「母の日があるのに、父の日がない」ことに疑問を呈したことが始まりでした。父親に感謝する日として、その後制定されることになりました。
また、父の日を制定するきっかけとなった女性が、父の日に当たる6月の第3日曜日、父親の墓前に白いバラを供えていたとされています。そのため母の日はカーネーションですが、父の日はバラがシンボルとされています。

しかし今では、白いバラではなく、黄色い花を贈ることが一般になりつつあります。
父の日に贈られるのは、蘭やヒマワリなどの黄色い花や黄色いバラのアレンジが多くなってきています。
鉢植えタイプや花束タイプ、またはワインとセットなんてものもあるようなので、お父さんの好みに合わせて選んでみてはいかがでしょう?



プレゼント
<a href="http://presentps.net/" target="_blank"><img src="http://presentps.net/img/banner.gif" alt="プレゼント" width="88" height="31" border="0"></a>

プレゼント+

<a href="http://presentps.net/" target="_blank">プレゼント+</a>

広告掲載