プレゼント+
お問い合わせリンクプレゼント+

その他プレゼントDays

プレゼントやギフトを贈る日としましては、還暦、喜寿、米寿などの年齢・ご長寿のお祝い、入学祝い、就職祝い、退職祝いなどの人生の節目のお祝いがあります。また、ご結婚されている夫婦の間には、結婚記念日や、銀婚式・金婚式などの特別な記念日があります。バレンタインデー、ホワイトデーなども年に一回の大切な日です。

それぞれの記念日にプレゼントを

1年や人生を通して、様々な記念日が存在します。そのどれもが人生の中で思い出となる日になれば良いですよね。ここではいくつかの記念日と、贈り物の選び方などをご紹介していきます。

還暦祝い

数え年の61歳を還暦(かんれき)と言い、満60歳の誕生日に行なうのが還暦祝いです。還暦祝いでは赤い「ちゃんちゃんこ」や頭巾などが有名かと思います。それにちなんで赤色の花や、縁起のよい小物やアクセサリーなどがプレゼントとしてよいかと思います。また、温泉旅行などを贈るのもよいのではないでしょうか。昔は60歳の定年が多かったので、退職祝いと合わせて行なうこともあったのですが、最近は定年が65歳以上というところも多く、還暦祝いにはまだ実用的なビジネスグッズという方も増えています。尚、66歳の緑寿(ろくじゅ)では緑色のものを選びます。

喜寿祝い

数え年で77歳を喜寿(きじゅ)と言い、それに合わせて行なわれるお祝いが喜寿祝いです。名前の起源は「喜」という漢字の略字が「七七七」と七を三つ書くことから来ています。喜寿では、紫色がシンボルカラーとなり、紫の「ちゃんちゃんこ」と頭巾を着ます。酒器や置物など、記念になる品が人気となっています。70歳の古希(こき)も同様です。

米寿祝い

数え年で88歳を米寿(べいじゅ)と言い、それに合わせて行なわれるお祝いが米寿祝いです。名前の由来は「米」の漢字が八十八というふうに分けられることから来ています。米寿での「ちゃんちゃんこ」の色と頭巾の色は黄色、もしくは金色になります。多くは座布団や、オーダーメイドでご長寿の記念となる縁起の良い置物などを作って贈ります。80歳の傘寿(さんじゅ)、81歳の半寿(はんじゅ)でも同様です。尚、90歳の卒寿(そつじゅ)では黄色か白色が用いられます。以降、99歳の白寿(はくじゅ)、100歳の百寿(ももじゅ・ひゃくじゅ)の色は白となります。

入学祝い・入園祝い

小学校や中学校、高校、または幼稚園などに入学・入園した際にプレゼントを贈るのが入学祝い・入園祝いです。金額の相場は5,000円から1万円程度で、お子様の年齢、つまり小学校、中学校という部分によって上がっていきます。現金で送られる方が多いと思いますが、品物で贈るのだとしたら学校や勉強で使える実用品を選びましょう。小学校でしたら学習用のテキストや、お孫さんにランドセルをプレゼントするという方もいらっしゃることでしょう。

就職祝い

就職される新成人に向けて贈られるお祝いです。社会へと踏み出す第一歩ですので、大いに祝ってあげるのがよろしいでしょう。ご親族などでしたらお祝い金として渡すのが無難かと思いますが、プレゼントの品でしたら、ネクタイや手帳などの実用小物が一般的ですし、名前入りの筆記具や印鑑などもこれからの新生活に活躍するアイテムとなるのではないでしょうか。印鑑付きのボールペンと言うのも、宅急便を受け取るときなどにサッと出せてなかなか重宝しますよ。金額の相場は続き柄にもよりますが、おおよそ1万円から3万円前後といわれています。

退職祝い

退職されるお父様・お母様などに、お疲れさまの気持ちを込めて贈るのが退職祝いです。昔は60歳の還暦とほぼ一緒でしたが、最近では65歳くらいまでが定年という方も多いです。退職祝いには、これまでの労いと、これからの第2の人生への踏み出してもらう祈りを込めて、実用的なものよりは、趣味やこだわりの品、記念品となる品を選んでいただきたいと思います。また、お祝いの席にはお花は要りますよね。チューリップやバラ、胡蝶蘭など、どのようなお花でもよいですが、華やかなものを贈ってあげましょう。

結婚記念日

夫婦が結婚した日を記念してお祝いをするのが結婚記念日です。2年間、3年目は大きく祝っても、それ以降になると忘れがちという方も多いのではないでしょうか。なにも大きなお祝いをする必要はありません。お花やワインなどで、特別な日をお二人で祝いましょう。また、男性から女性にプレゼントをする日と思ってらっしゃる方もいるかもしれませんが、結婚記念日は二人の記念日です。どちらがどちらへということではなく、お二人で特別な時間を過ごす日にしましょう。籍を入れた日、結婚披露宴を行なった日が別の場合、どちらを結婚記念日にするかについては、とくに決められてはいません。お二人の記念日ですので、好きなほうを選ぶとよいと思います。

銀婚式・金婚式

結婚から25周年の記念日を「銀婚式」、50周年を「金婚式」といい、それぞれ、銀・金にちなんだものが贈られます。また、結婚10年目は「スイートテン」とよばれ、特別な記念品を贈るのに適しています。尚、日本では銀婚式、金婚式が有名ですが、ヨーロッパなどでは1周年から記念日の名前が決まっており、それぞれ名前にちなんだものを贈ります。
名前には諸説ありますが、一例をご紹介します。

結婚1周年 紙婚式 結婚9周年 陶器婚式 結婚25周年 銀婚式
結婚2周年 藁婚式 結婚10周年 錫婚式 結婚30周年 真珠婚式
結婚3周年 革婚式 結婚11周年 鋼鉄婚式 結婚35周年 珊瑚婚式
結婚4周年 花婚式 結婚12周年 絹婚式 結婚40周年 ルビー婚式
結婚5周年 木婚式 結婚13周年 レース婚式 結婚45周年 サファイア婚式
結婚6周年 鉄婚式 結婚14周年 象牙婚式 結婚50周年 金婚式
結婚7周年 銅婚式 結婚15周年 水晶婚式 結婚55周年 エメラルド婚式
結婚8周年 ゴム婚式 結婚20周年 磁器婚式 結婚60周年 ダイヤモンド婚式

バレンタイン・デー

2月14日がバレンタインデーです。日本では、女性から男性へチョコレートやお菓子などを贈る日として有名でしょう。また特に、恋の告白などの特別な意味が込められることが多いです。最近では、お世話になった人や友人同士でも贈りあうこともめずらしくないと思いますが、そもそも、ヨーロッパなどでは女性から男性へということではなく、恋人同士でプレゼントを贈る日となっています。

ホワイトデー

3月14日をホワイトデーと呼び、バレンタインデーのお返しとして男性から女性にプレゼントをする日として日本では根付いているものです。ホワイトデーはバレンタインを女性から男性にという風に限定した日本独特の習慣で、他の諸外国ではこの習慣はありません。この日に贈る代表的なお菓子はクッキーやマシュマロです。その他に、アクセサリーなどの貴金属をプレゼントするという方もいます。よく言われるのはバレンタインデーの「三倍返し」という言葉もありますが、予算は気持ちですので、心を込めたプレゼントを贈られると女性としてはうれしいものです。

プレゼント
<a href="http://presentps.net/" target="_blank"><img src="http://presentps.net/img/banner.gif" alt="プレゼント" width="88" height="31" border="0"></a>

プレゼント+

<a href="http://presentps.net/" target="_blank">プレゼント+</a>

広告掲載