プレゼント+
お問い合わせリンクプレゼント+

結婚祝い

新生活の門出を迎える二人へのプレゼント、結婚祝いは一生に一度となる大切な贈り物です。失敗しないように、思い出や記念となるものを選びたいものです。また、ご祝儀はどのようにしたらよろしいのでしょうか。結婚祝いや内祝い、引き出物についてや、人気のプレゼントや品物の決め方、贈る時期などについてご紹介します。

結婚祝い・内祝いは幸せのプレゼント

これから結婚式を挙げる家族や友人・知人に向けて、門出を祝う気持ちを込めて贈るプレゼント、もしくはご祝儀が結婚祝いです。それに対して、婚姻をする側から、お世話になった人へ贈るものが結婚引き出物、もしくは結婚内祝いになります。引き出物と内祝いの違いは、結婚式に出席した方に贈るのが引き出物、出席しなかった人に贈るのが内祝いとなっています。引き出物・内祝いは結婚祝いに対してのお返しという意味合いが強いイメージはありますが、本来の意味は結婚する側のめでたい事に対するお祝い、ということなので、この人からはお祝いを貰っていないから返せない、という意味ではないという所に気をつけなければいけませんね。

結婚祝いの時期

結婚祝いの品を送るのは挙式の1週間前までが良いとされています。挙式が近づくにつれて、準備等で忙しくなり受け取る方にも負担が大きくなってしまうので、早めに贈りましょう。挙式の1ヶ月前くらいから贈ってよいかと思います。 手配などの都合で一週間までに間に合わなかった場合、まだ結婚式の前で、新郎新婦と親しい間柄なのであれば、状況を伺って贈るのもよろしいかと思いますが、挙式の当日に品物を持参するのは控えたほうが良いかと思います。荷物が増えてしまうので、あまりよく思わない方もいるからです。挙式後に贈るのも構いません。但し、新婚旅行などに行かれる場合もありますので、挙式後のスケジュールを確認する必要があることに気をつけましょう。

結婚式の「会費制」って何?

会費制とは、結婚披露宴の出席するにあたって受付で会費を支払うシステムのことをいいます。なぜこの会費制という方式が取られるのかというと、お祝い金を統一して新郎新婦側と出席者側、出席者同士でお互いに気を使わないようにするという目的があるからです。主催者側からの配慮と言うこともできますね。つまり、会費制においては会費がそのままご祝儀となりますので、別でご祝儀を渡したり、会費を多く払ったりするのはマナー違反となりますので注意が必要です。 ただ、どうしてもなにか品物を贈りたいというのであれば、挙式の1週間前くらいまでに、相手に気を使わせない程度のものを贈るのがよいでしょう。なぜ会費制にしたのかという部分を察するのも気遣いのひとつですよ。また、会費制では受付で徴収がありますので、そのまま財布や封筒から現金を出して構いません。あえて熨斗袋に入れないほうがよいかもしれません。祝儀袋に入れたとしても、受付では中身を出して確認する必要がありますので、入れたままで渡すと面倒を掛けることになってしまいます。

人気の結婚祝いプレゼント

結婚祝いの品物の選び方ですが、もっともベストなのは、やはり結婚されるご本人たちに直接欲しいものをきくことです。他の人とプレゼントが重なることもありませんし、せっかくの記念日なので、ふたりにとって長く使ってもらえて想い出の品となる物が贈りたいですよね。そういった意味で、ルームライトやラックなどのインテリア用品も良いですし、観葉植物が欲しいという方も多くいらっしゃいます。サプライズもいいものですが、じゃまにならないような物を選ばないと、貰ったのはいいけれども結局物置の奥に、なんてことになってしまいますよ。また、友人同士など、何人かのグループでひとつの高価なもの、例えば高機能な家電製品などを贈るのもとても良いと思います。
親しい間柄ならば欲しいものを伺うこともできますが、それほど親しくないという人であれば、無難な実用品を贈るのがベストだと思います。フェイスタオルなどは何個あっても困らないものですし、鍋などのキッチン用品や、気にしない方であれば食器なども人気の高いものです。もしくは、カタログギフトを贈って選んでもらうという方法もあります。

結婚祝いの金額・相場

結婚祝いの相場につきましてですが、これは結婚される相手との関係によって差があります。友人や知人、会社の同僚などには3万円、姉妹、兄弟では5万円、甥っ子や姪っ子などでは10万円というのが多いようです。これは披露宴に出席した方の場合で、出席しない方はおおよそ、それぞれの半分くらいの額が多いようです。あくまで平均の目安なので、こうでなければいけないというものではありません。会費制の場合でなければ、自分のお祝いの気持ちに合わせて金額を決めればよろしいかと思います。結婚祝いの内訳として、ご祝儀が1万円でプレゼントの物が2万円、などのように分けるのも構わないと思います。

結婚祝い品のマナー

結婚祝いの品物を選ぶときには、気をつけなければいけないタブーというものがあります。まず、包丁やはさみなどの刃物は「切れる」をイメージするので避けるべきといわれています。また、鏡や壊れ物・割れ物などは「割れる」を連想するので喜ばない方もいらっしゃいます。但し、これらのものは相手が気にするか気にしないかというところもあり、最近では気にしない方も多いかと存じます。包丁などは「切り開く」という意味でとらえれば縁起もよいですし、食器やグラスなども貰う側に人気のある品物です。相手を考えて選ぶのがよいでしょう。
品物の個数についてもマナーがあります。一般的に偶数のものは二つに分けられる数として結婚式にはふさわしくないとされています。但し、ペアのものなどは一組でひとつなので、これは問題ありません。同様に12個で1ダースという考え方もあります。

祝儀袋のマナー

祝儀袋など、慶事での熨斗のマナーを説明します。水引は結びきりのものを選びます。一般に何度もあってはいけないことには結びきり、その逆には蝶結びを選びます。表書きは「寿」か「結婚祝」、「御結婚御祝」などになります。贈り主の指名はできればボールペンなどではなく、筆や筆ペンで記入しましょう。裏の折り方・折順にも決まりがあります。祝い事の場合は「受け止める」という意味を持つように上側が中に、下側が表面に出るように折ります。弔事では、逆に下側が中に、上側が被さるように折ります。最後に中袋の書き方ですが、裏には左側に縦書き下付きで住所と氏名を書きます。表には「金 壱萬円」や「金 10,000円」のような様式で金額を縦書きにします。「一」、「二」、「三」ではなく「壱」、「弐」、「参」という旧漢字を用いるのは、改ざんされないようにという意味合いがあります。

プレゼント
<a href="http://presentps.net/" target="_blank"><img src="http://presentps.net/img/banner.gif" alt="プレゼント" width="88" height="31" border="0"></a>

プレゼント+

<a href="http://presentps.net/" target="_blank">プレゼント+</a>

広告掲載