プレゼント+
お問い合わせリンクプレゼント+

お中元

お中元はお盆の時期、家族や面倒を見て頂いた方たちに日ごろのお礼とご挨拶として贈るプレゼントです。普段、何もしていただいてないようでも、温かく見守って頂いているということで、お中元を贈りましょう。お中元の時期とはいつなのか、喜ばれる人気のギフトとは、礼状の書き方の例などをご紹介します。

お中元とは?

お中元とは、年の中間、7月ごろにお世話になった人への感謝を込めて贈り物をする風習のことです。起源は、上元、中元、下元という中国の「三元」という行事に由来しており、日本では中国の中元の時期、旧暦の7月15日に先祖への供養をする、いわゆる「お盆」で親戚・両親に供え物を配っていたことから「お中元」の風習が生まれました。現在ではお歳暮と並び、1年の節目としてご挨拶の手紙とギフトを贈る礼節となっています。両親や目上の方への礼儀のひとつですし、なにより気持ちを形として表したものなので、できればお中元・お歳暮は贈ったほうがよいかと思います。

お中元の時期はいつ?

お中元はだいたい7月初めから15日ごろの間に贈るものです。ただし、この時期は地域によって異なる場合があります。関西の一部地域などではお盆が「月遅れ」という地域もあり、その場合8月1日から8月15日の時期にお中元を贈ることとなります。また、貰う側に贈り物が集中しないように、早めの6月の上旬から贈るという方もいらっしゃいます。

お中元時期を逃してしまったら

どうしてもお中元時期を越えてしまった場合、「暑中お伺い」、「残暑お伺い」として挨拶することができます。地域によって変わることはありますが、一般的に7月15日以降から立秋までであれば「暑中お伺い」、立秋後であれば「残暑お伺い」として贈ります。また、相手方が喪中ということであれば、「忌中お見舞い」として贈られるのもよいかと思います。

贈る相手はどう決めるか?

送り先はどうすれよいでしょうか。ご結婚されて、ご両親と別世帯で暮らしてらっしゃる方であれば、ご両親に贈られるのがよいと思います。お盆の時期でもございますので、帰省した際にお渡しするのもよいでしょう。帰省できないということであれば、手紙を添えてギフトを贈るとよいと思います。また、新婚の方であれば、お中元・お歳暮を仲人に贈るのが一般的です。一般的には5年ほどと言われていますので、結婚の際にお世話になったという気持ちを込めて、贈りましょう。会社の上司や得意先に贈る場合、もしかするとそういったものを受け取らないというルールを持っているかもしれません。必ず確認するようにしましょう。

そろそろお中元・お歳暮をやめたいとき

お中元やお歳暮はやめるタイミングが難しく、なんとなく毎年贈ってしまいがちになりますよね。そろそろもう贈らなくてもいいかな、と思うのであれば、その人にはまずお中元をやめてお歳暮のみにしてみてはいかがでしょうか。その後、毎年の定期的に贈るのではなく、任意のタイミングで「お礼」としてギフトを贈ると良いと思います。今後も継続してということではなく、一度だけ贈りたいという相手の方にも、お中元・お歳暮ではなく、「お礼」と熨斗に記載して贈るとよいでしょう。そうすれば、双方ともにわだかまりもないと思います。

お中元品の代表的なギフト

お中元品のギフトには一般的に実用的なものを贈ります。お中元の予算の1〜2割増しでお歳暮の予算とも言われており、従ってお歳暮の相場が4000〜6000円であるのに対し、お中元は3000円から5000円程度が相場となっています。よく選ばれるのは、夏と言うこともありビールという方が多いです。お中元については、やはり定番のビールより高級なプレミアム・ビールが喜ばれるようです。また、プリンやケーキなどの涼やかなスイーツやフルーツなども人気の品です。家族の方にはそうめんなどの乾麺、麺類も貰って嬉しい品かと思います。

お中元で喜ばれるプレゼント

お中元選びのコツは、相手が欲しいもの・喜ばれるものを贈ることです。まずは、相手方の家族構成や趣向などをリサーチしましょう。例えば、相手方が一人暮らしの方であれば、一度に食べなければいけない海産物などを贈ると迷惑になってしまうかもしれません。保存が利くものの方が喜ばれるでしょう。相手方がご家族だった際は、家族みんなで食べられる・使えるものを選ぶのが良いです。その人にあった量や内容のものを選んで贈りましょう。最近のお中元について貰う側が欲しい商品として上位に位置しているのが商品券・ギフト券です。これはお歳暮についても同様なのですが、やはり、貰う側が自分で選べるものが無難なようです。

お中元のマナー

お歳暮と同様、目上の方に履物、筆記具などを贈るのはタブーです。熨斗紙も結びきりではなく蝶結びをつけ、生ものには「のし」がないものにしましょう。目上の人が部下の方などから貰った場合はお返しする必要はありませんが、取引先など、こちらもお世話になっている方から贈られてくる場合もあります。その場合は必ずお礼状を返すことを忘れないでください。

プレゼント
<a href="http://presentps.net/" target="_blank"><img src="http://presentps.net/img/banner.gif" alt="プレゼント" width="88" height="31" border="0"></a>

プレゼント+

<a href="http://presentps.net/" target="_blank">プレゼント+</a>

広告掲載