プレゼント+
お問い合わせリンクプレゼント+

お歳暮

お歳暮は年に一度の年の暮れにお世話になった気持ちを込めて贈るギフトです。年の暮れといっても、具体的にはいつ贈れば用意のでしょうか?時期を逃してしまったらどうすればよいのでしょうか?また、贈って喜ばれるものや、贈り物としては避けるべきタブーの品などをご紹介していきます。

お歳暮とは?

お歳暮とは、1年の暮れにお世話になった人への感謝を込めて、ご挨拶をすることをいいます。もともとは歳暮周りといって、お歳暮の品を持参し1件1件のお宅を訪問して届けるものでしたが、最近では時間や距離の都合から、手紙と共に贈り物をすることが多くなりました。贈答品は百貨店などで購入するのが一般的で、歳暮の時期になると食品や生活品の詰め物が競って売り出されることから、このようなにぎわいを「お歳暮商戦」と呼んでいます。

お歳暮を贈る時期は?

お歳暮を贈る時期はいつごろなのでしょうか。基本は、年の終わりごろ、12月初めから20日ごろまでの間に贈るものです。本来の慣わしとしては、12月13日から12月20日の間ということで定まっていたものですが、現在では、相手方に贈られてくるタイミングが集中してしまわないようにという配慮と、お歳暮商戦で目当ての物が売切れてしまわないようにという気持ちから、11月の末ごろから贈るという方も多くなってきました。 また、特選の生鮮食品などを送る場合、あまり日持ちしませんがお正月に食べて頂きたいという意味を込めて、12月の終わりごろに送るケースもあります。どの時期に贈るべきかは、贈る品と相手方の都合をみて決めて、本来の期日と離れてしまうようであれば手紙にこちらの意図を追記しておくのがよろしいのではないかと思います。

お歳暮時期を外してしまったら

商品の手配や、うっかり忘れてしまっていた場合、または、相手方が喪中で、まだ四十九日を過ぎていないので贈れなかったといった場合には、お歳暮とは別の手段として、「お年賀」、「寒中お見舞い」、「余寒お見舞い」という挨拶があります。元日から1月7日までの松の内に贈るのであれば「お年賀」、松の内を過ぎて2月初めの立春までの間であれば「寒中お見舞い」、相手が目上の方なら「寒中お伺い」として贈ります。立春から3月ごろまでの間であれば「余寒お見舞い」、目上の方に贈るなら「余寒お伺い」としてご挨拶することができます。
お歳暮の挨拶が出来なかった旨のお詫びを手紙に付け添えて贈るとよろしいと思います。尚、喪中の場合でもお歳暮や寒中見舞いなどを贈ったり受け取ったりすることは構わないとされています。但し、年賀の挨拶は避けなければいけないので、相手が喪中であれば御年賀として贈るのは控えましょう。

お歳暮品の代表的なギフト

お歳暮品の選び方としては、新年を迎えるにあたって必要なものを贈ることです。金額の相場は4000〜6000円の範囲内という方が半数以上を占めているようです。基本的には保存ができるものを選び、お醤油などの調味料、食用油、洗剤など、生活に必要なものが選ばれます。または、ハムやソーセージ、コーヒー、ビールなどの酒類といった日持ちする食べ物をプレゼントするのも定着しています。役者の「別所哲也」さんが演じる「ハムの人」というCMも有名ですよね。
最近はクール便などによって鮮度を保持したまま輸送できることから、地域の特選の生鮮食料品なども人気が出てきています。生鮮食材を産直(産地直送)で贈ることができ、おせち料理などにも使えるので、受ける側からも貰って嬉しい品としてとても喜ばれているギフトです。

お歳暮に贈って喜ばれるもの

お歳暮で貰いたい贈り物として評価が高いのが商品券やギフト券です。昔では、お中元やお歳暮で金券を直接贈るのは避けるべきとも考えられていましたが、今は逆に商品券などであれば自分で買うものを選ぶことができるという点でもらって嬉しいという方のほうが多いようです。商品券・ギフト券は食品類とならんで、貰う側に一番人気のあるギフトです。
それでもやはり抵抗があるという方や、気持ちを込めて少し工夫したものを贈りたいという方であれば、カタログギフトというものがあります。これは、相手方に商品カタログを贈って、自由に物を選んでもらうというものです。比較的最近になってギフトとして贈られるようになったものですが、今後、人気を高めていくのではないでしょうか。

お歳暮に贈るべきではないもの

まず、お歳暮のマナーとしまして水引・のし紙についてご説明します。お歳暮に使用する水引は結びきりではなく、超結びのものをえらびましょう。また、のし紙の右上に記載してあるものを「熨斗(のし)」と呼んでいますが、これがついたものを選ぶのが一般的です。しかし、中身が生鮮食品である場合は、熨斗紙にのしはつけず、水引だけのものを選びます。
また、目上の方に贈り物をするときは注意が必要なものがあります。靴やくつしたなどは「踏みつける」、「あしげにする」ということを連想させるので、避けるべきものと言われています。筆記具や時計は「もっと働くように」という意味ととられる場合がありますので、こちらも避けるべき品です。
もちろん、お互いの間で了承が得られているならば問題ないのですが、無礼にあたらないように気をつけて選ばなければなりません。最後に気をつけるのは、物だけを贈るのではなく、必ず、手紙、もしくは電話でお礼の言葉を申し上げることです。

プレゼント
<a href="http://presentps.net/" target="_blank"><img src="http://presentps.net/img/banner.gif" alt="プレゼント" width="88" height="31" border="0"></a>

プレゼント+

<a href="http://presentps.net/" target="_blank">プレゼント+</a>

広告掲載