プレゼント+
お問い合わせリンクプレゼント+

敬老の日

敬老の日は、ご老人をうやまう日です。また、敬老の日から1週間は「老人週間」もなります。ハッピーマンデー法によって連休になり、気持ちが薄れてきていると感じる人もいるかもしれません。しかし、連休になったからこそ出来ることもあります。大事なのは気持ちです。敬う気持ちは毎日ですが、敬老の日にはプレゼントを贈りましょう。

おじいちゃん、おばあちゃんに

敬老の日は、御老人の長寿へのうやまいとお祝いをする国民の祝日です。ただの連休だと思ってはいけませんよ。お年寄りを大切にする大事なイベントです。いつもお世話になっている、おじいちゃん、おばあちゃんへの感謝の気持ちを込めて、別世帯に住んでいて普段会えない方でしたら、元気ですというご報告も込めて、敬老の日にプレゼントを贈りましょう。

「敬老の日」とは何日?

敬老の日は何月何日なのでしょうか。実はもともと、敬老の日は9月の15日と定められていました。2002年までは9月15日が敬老の日だったのですが、2003年から、祝日改正法によって前日、前々日の土日と連休になるようにとのことで、9月の第3月曜日と決められ施行されています。ですので、現在の敬老の日は9月の第3月曜日になります。以下に2000年から2029年までの敬老の日の早見表を付録します。

敬老の日早見表
西暦 日付 西暦 日付 西暦 日付
2000年 9月15日 2010年 9月20日 2020年 9月21日
2001年 9月15日 2011年 9月19日 2021年 9月20日
2002年 9月15日 2012年 9月17日 2022年 9月19日
2003年 9月15日 2013年 9月16日 2023年 9月18日
2004年 9月20日 2014年 9月15日 2024年 9月16日
2005年 9月19日 2015年 9月21日 2025年 9月15日
2006年 9月18日 2016年 9月19日 2026年 9月21日
2007年 9月17日 2017年 9月18日 2027年 9月20日
2008年 9月15日 2018年 9月17日 2028年 9月18日
2009年 9月21日 2019年 9月16日 2029年 9月17日

(2002年までを9月15日、2003年以降を9月の第3月曜日とした場合のものです。)

敬老の日の定番ギフト

贈り物として多いのは、花や果物などの詰め合わせです。ギフトであれば、離れてすむ祖父母にも郵送で贈ることができますし、あれこれと迷って買うのも相手方への気持ちのこもった行動です。敬老の日に贈るフラワーギフトというものは特に決まってはいませんが、百合や蘭などの華やかなものが選ばれています。バラというのも多く見かけるようになりました。もしくは、盆栽というのもありますよ。今は小型でかわいい盆栽もあり、通販で買うこともできます。果物であれば、秋の味覚であるブドウなどがよいのでしょう。お菓子などでは、お煎餅などというのも嫌いな人はいないと思います。その人が一番喜ぶものがいい、と思う方ならカタログギフトという手もあります。ちょっと小洒落ていますし、どう使ったらよいのか、なんていう風に会話のきっかけも作れます。

一番人気は「顔合わせ」

物を贈るのもよいですが、敬老の日のプレゼントで一番に人気があるのは、やはり顔を合わせての「お食事会」や「旅行」とも言われています。お孫さんの元気な姿を見るのが、おじいちゃん、おばあちゃんにとっては一番嬉しいことなのかもしれませんね。 祝日改正法により連休になりましたので、宿泊の旅行やホームパーティーの準備などもしやすくなったと思います。贈り物に添えて、ご家族一緒に健康と元気を祝うのもよいのではないでしょうか。家族旅行となると、食べ物やプランなど、お子様の年代によって分かれてしまう場合もありますが、ご家族で相談して、この日はおじいちゃんおばあちゃんにあわせてあげましょう。どうしてもというのであればプランの中に一緒の時間と自由時間とを設けるのもよいかと思います。

手作りプレゼントの感動を

また、お孫さんの手作りのカードや手紙など、写真アルバムなども嬉しいプレゼントですよ。デジカメで撮影した写真を製本してくれるフジフィルムの「フォトブックデザイン」というサービスがあります。製本したもので写真を見ると、単体とはまた違った感動があります。1冊からでも作れますし、写真の枚数や大きさにもよりますがそれほど高いものでもありませんので、活用して見てはいかがでしょうか。

携帯電話も注目

最近の流行として、敬老の日に、携帯電話などのデジタルものを贈ることも多くなってきました。特に、携帯電話はご年配の方の為に作られた、覚えやすく操作しやすいものができてあります。普段、あれば便利と思っていてもなかなか購入するきっかけがなかったという人もいるのではないでしょうか。この機会に贈ってみてはいかがでしょうか。

高機能のデジタル家電はいかが?

離れて暮らす祖父、祖母の生活がわかるようにと、ポットなど、使用状況を遠隔で確認できるという家電も販売されています。これを置いておくことで、毎日使っているポットが使われていないなどの情報がわかりますので、何か異常があった際にすぐに確認を入れることができます。こういったものは、おじい様、おばあ様からは買いづらいものです。敬老の日という機会を使って、当人様とご相談をした上で、息子様、お孫様からプレゼントして差し上げるのもよいのではないでしょうか。

パソコンやゲームは若者だけのものじゃない!

最近、インターネットをするお年寄りの方が増えてきているといいます。パソコンでインターネットを使えば、自分の趣味を発信すること、同じ趣味の人と交流することも出来ますし、お孫様とテレビ電話などもできます。ご年配の方のためにと「イワタデザイン」という会社で開発された、文字の印字が大きく作られた「目にやさしいキーボード」というものもあります。これは2006年のグッドデザイン賞も受賞しました。PCやネット環境をプレゼントするというのもよいのではないでしょうか。 また、ニンテンドーDSなどの「脳トレ」と呼ばれる、脳の老化防止の為に手を動かして遊ぶゲームなどをプレゼントされる方もいらっしゃいます。最近のおじいさん、おばあさんは元気でお若くなりましたので、喜ばれる方もいらっしゃるのではないでしょうか。おじいさま、おばあさまに、まだまだ人生に楽しみがあるということが、ご家族にとってなによりなことだと思います。

プレゼント
<a href="http://presentps.net/" target="_blank"><img src="http://presentps.net/img/banner.gif" alt="プレゼント" width="88" height="31" border="0"></a>

プレゼント+

<a href="http://presentps.net/" target="_blank">プレゼント+</a>

広告掲載